聖坂学園沿革 

T 創立の歴史−原点−から社会福祉法人設立まで
1942年(昭和17年) 
1967年(昭和42年)


1985年(昭和60年)

1986年(昭和61年)
1988年(昭和63年)
創立者伊藤 伝によって水上学校を始める。
横浜港のコンテナ化により水上生活者が減少し、その使命を終えたため
日本水上学校閉校。
横浜市内初の知的障害養護学校、私立聖坂養護学校(小学部)開校。
聖坂養護学校高等部専攻科開校。高等部卒業生の厳しい進路先を心配
したのをきっかけに、「聖坂子供たちの将来をつくる会」が結成される。
通所更生施設建設計画の話があり受諾。
社会福祉法人聖坂学園が設立認可される。

 

U 社会福祉法人設立から現在まで

1988年(昭和63年)
1989年(平成元年)
1992年(平成4年)

1998年(平成10年)
1998年(平成10年)
2001年(平成13年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)
2006年(平成18年)
2006年(平成18年)
2007年(平成19年)
2007年(平成19年)
2007年(平成19年)
2009年(平成21年)


2013年(平成25年)

2014年(平成26年)

2015年(平成27年)
2017年(平成29年)

3月22日
4月 1日
 11月 1日

3月25日
7月21日
4月 1日
3月 1日
4月 1日
4月 1日
10月 1日
6月 1日
6月29日
9月 1日
4月 1日


4月 1日

4月 1日

3月 1日
5月 1日
社会福祉法人聖坂学園が設立認可される。
知的障害者通所更生施設オリブ工房開所。
知的障害者通所更生施設ナザレ工房開所。
高齢者支援施設神之木地域ケアプラザ開所。
グル−プホ−ムオリ−ブの家開所
グル−プホ−ムナザレンホ−ム開所
オリブ工房分場パン工房オリ−ブ開所
グル−プホ−ム第2オリ−ブの家開所
グル−プホ−ム第2ナザレンホーム開所
知的障害者通所更生施設シーダひのき工房開所。
法人運営のグループホームをケアホームへ移行
法人運営の知的障害者通所更生施設を「生活介護事業所」へ移行
シーダひのき工房、シーダ日野学園新園舎竣工
障害者入所支援施設シーダ日野学園開所
地域作業所「カナン工房」の運営を聖坂学園に移管する。地域活動支援センター「カナン工房」としてスタート。(横浜市地域活動支援センター事業障害者地域作業所型へ移行)
ケアホーム眞砂ホーム第1・第2開所
カナン工房」をシーダひのき工房の従たる事業所へ移行
ケアホームのグループホームへの一元化により、法人運営のケアホームをグループホームへ移行
ナザレ工房従たる事業所パン工房ナザレ開所
「法人本部」「オリーブの家」中区小港町へ移転
生活介護事業所「オリーブ・フードファクトリー」開所

 



トップページへ


ごあいさつ 法人沿革 法人事業 施設紹介 地域交流 聖坂学園後援会